是川縄文館

gassyou
縄文の資料を展示している場所は様々あります。是川遺跡もその一つですが、漆の色と土器、器や弓はとても新鮮に感じました。
縄文好きにはたまらない施設です。
開館時間 午前9;00~午後5:00  入館は午後4:30まで

是川縄文館
休館日
月曜日
年末年始

観覧料金
一般 250円 
高校・大学生 150円
小・中学生 59円

アクセス
八戸自動車道・八戸ICから10分


より大きな地図で 美術館・博物館・展示館 を表示

わんこそば 東屋

azumaya
中ノ橋を中心に盛岡をめぐるなら、中心はもりおか歴史文化館を中心に見て歩けば良い。中津川のもりおか歴史文化館に隣接で駐車場があるのでここに車を止めるこができます。岩手銀行旧本店、手紙館、もりおか啄木・賢治青春館、ござ九森商店、釜定さんなどを巡りお腹のすいたところで東屋のわかんこ蕎麦もいいだろう。地元にいればいつでも食べれると考えている人も多いだろうか。私は子供会でわんこ蕎麦を食べてから久しく食べてはいない。遠くから来れば食べてみたいものだろう・・・・。わんこ蕎麦はお腹いっぱい食べてもらいたいという、心からの想いからだ。食べろ食べろとせかせるわけではありませんから、誤解の無いように。但し、味わってとはいかないようなので心して食べてください。

今回紹介した東屋さん以外にもいろいろお店がありますので、お好きなところでどうぞ。
東屋 本店

より大きな地図で 盛岡立ち寄りマップ を表示

モーモーハウス 大槌

mo-mo-
店舗

久しぶりの大槌町を訪問。街の中に草間アートと思えるような建物があり除いて観るとパン屋さんでした。何種類かのパンを買い求めてきました。
ほんとうにまだ何もありません、場所は駅のは入口、岩手銀行、電気店があった?場所のような気がしますが定かではありません。

tyoko
チョコラスク

ホームページ モーモーハウス大槌

遠野市内・釜石線駅マップシリーズ かみごう

ekikara-kamigou

マップの紹介にあるようにここ上郷は郷土芸能の盛んな地。
板澤しし踊り、細越獅子踊り、暮坪虎舞、平倉神楽、左比内しし踊り、森の下さんさ踊り、平野原田植え踊り、上郷小唄と郷土色豊かな物ばかり。特産品に究極の薬味呼ばれる暮坪かぶがある。天正年間に近江の薬売りが持ち込んだと云われ、遠野のこの地区栽培されてきたものです。
また、遠野に伝わる三人女神発祥の伝承の地でもあります。
地元の古老に聞くのが一番かもしれませんね~

アップルパイ 弘前ガイドマップ

apple-pie

その地に行ってみて初めて知ることはとても多い。これも旅の楽しみでもあります。青森県はリンゴの産地としては、お分かりの通りです。富士山を訪問した時にどちらからと聞かれ「岩手です」と答えたらリンゴの花と山が印象的でしたと言えれました。たぶん岩木山とリンゴの花なのでしょうが、他の地域の人は結構あいまいに覚えています。
弘前市の観光館を訪問した時に頂いたパンフレットにリンゴの街のアップルパイのガイドマップがありました。1番のアンジェリックのアップルパイから45番のル・シュクルさんまでマップとアップルパイの紹介です。知人のアップルパイの好きな人に見せてら目を白黒させてよろこんでいただきました。
「今度は北海道をやめて弘前に~」と言っていました。くらしの特選街でも、順次紹介していきます。 グーグルマップにお店のマップを作りました。こちらのページです。

津軽塗

tugarunuri
観光シーズンの前だからこそ、色々なお話を聞ける絶好の機会です。5月ゴールデンウイークならどこもかしこも人で、ゆっくりお話しなど出来ません。取材を兼ねて青森県の黒石市に行ってきました。
平日とあって誰もいません。私たちが行った時間は12:30頃です。どこも同じかもしれませんが特に雪の多い地域はなおさらかもしれません。津軽伝承工芸館の津軽塗の工房でのお話です。
バカ塗と言えば聞こえは良くありませんが、バカ正直に漆を使うことからきた話だそうです。漆を塗りその塗った漆を落とす作業をする。本当の色を出す作業に妥協は許されないのでしょう。写真の漆はご存じの唐塗(からぬり)といい津軽塗を代表する塗です。他にも七々子塗(ななこぬり)や紋紗塗(もんしゃぬり)、錦塗(にしきぬり)などの同じ津軽塗いえども、地元の人でさえ知らない人がいるそうです。
出来上がるまで40数回の塗と落としの作業行程を経て作る貴重なものです。聞いて初めて、その塗のすごさが分かるというものです。貴重な時間とお話しをありがとうございました。今度来るときは是非購入したいものです。

鹿角マップNO6

kazuno-map
北東北の真ん中にある鹿角市。
ことらでも、手書きにこだわったマップがありました。企画発行は愛企画2009年に出たものだが手書きにこだわっているのがうれしい。
既に新しいものが出来ているかもしれないが、掲載してみました。マップ6は大湯温泉の案内が載っていた。
鹿角は藩政時代は南部藩であり、大湯温泉は藩士の保養に使われていたそうです。市民が気軽に入れる共同浴場が4健あり、低料金で入ることができます。ゆっくり温泉に入るなら下記の温泉もお奨めです。

旅館岡部荘
宿花海館
ホテル鹿角
御宿馬ぶち
元の湯旅館
龍門亭 千葉旅館

遠野市内・釜石線駅マップシリーズ あやおり

ekikara-ayaori
各地を訪ねて歩くと、道の駅は産直があったり、地元のお土産や食堂トイレと完備されていて、車で観光地を訪れる人にとってはとても助かる施設です。そこには地元のパンフレットやチラシが置いてあり、地元の紹介がなされていて観光地を歩く者にはは欠くことの出来ない情報の一つ。

今回紹介する遠野市内・釜石線駅マップシリーズは面白い。遠野市観光協会と遠野市産業振興課が発行している遠野市内・釜石線駅マップシリーズの綾織の編。

全体がイラストで写真を使っていない。綾織しし踊り、綾織南部ばやしの郷土芸能や、ひっつみ、ジンギスカンの郷土食。地域全体をイラストと手書き文章で書かれたマップ。マップ部分には曲がり家千葉家、続石や石上山の云われや案内が載っています。何度も訪れている私も知らない場所がいくつかあり、行ってみたい衝動に駆られるマップです。
すべてのマップシリーズに写真が無いわけではないが、私が手にした花の町あやおり、清流の町みやもり、郷土芸能の町かみごう、マップ部分はすべてイラストで描かれていました。ちょっと手にとって、またシリーズとして集めておきたくなる案内マップです。