弘前さくらまつり(青森県弘前市)

弘前さくらまつり(弘前市役所提供)

弘前さくらまつり(弘前市役所提供)

弘前さくらまつり(弘前市役所提供)<br />
)

弘前さくらまつり(弘前市役所提供)

正徳5年(1715)に津軽藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せて城内に植えたのが始まりとされています。その後、明治に入り、荒れ果てた城内を見た旧藩士、菊池楯衛が明治15年(1882)ソメイヨシノ1000本を植栽しました。しかし庶民が桜を観ることに対する一部士族による嫌がらせや引抜きを受けました。その後市民の寄付や協力もあり、明治30年に再び1000本を植栽が行われ、大正(1912~)になると弘前城内に見事に咲きそろいました。大正7年(1918)弘前商工会議所がはじめて観桜会として開いたのがさくら祭りの始まりです。昭和36年(1961)には弘前さくらまつりに名称を変更して今に至ります。

さくらのこぼれ話

昔は「さくら切るばか、うめ切らぬばか」の諺どおり、さくらの木を切る者はいませんでした。ある年、公園のりんご園を管理している作業員が間違ってりんごの剪定のようにさくらの木をばっさりと切り落としました。当然公園の所長は大目玉で作業員を叱りつけたそうです。しかし翌年、この切り株から新しい芽が出て、木が元気を取り戻しました。これが今日枯れた枝を剪定してさくらの木を元気にさせる方法となりました。

アクセス
空路 青森空港 バス利用約60分

電車利用 JR奥羽本線 弘前駅下車 弘前城まで徒歩約30分

自動車利用 東北自動車道 大鰐弘前I.C 約20分 東北自動車道 黒石I.C約20分 駐車場有り


より大きな地図で 北東北の祭り・伝統芸能 を表示

日高火防祭
角館桜まつり
弘前さくらまつり
北上展勝地さくらまつり